サービス & システム

「わさび人材評価クラウドサービス」WAS-abi.jpわさび・どっと・じぇーぴー

ユニークで緻密な「Web人材評価システム」WAS-abi(HR)わさび・えいちあーる
Web_Appraisal_System for_abilities of_Human_Resources
を…クラウドコンピューティングでご利用いただくサービスです。

● サービス: 「わさび人材評価クラウドサービス」

クラウドコンピューティングは、コンピューターの利用形態のひとつです。
インターネットなどネットワークに接続されたサーバー(コンピューター)提供するサービスを、
利用者はネットワーク経由でお手元のパソコンで利用できます。
このクラウドの形態で提供されるサービスを「クラウドサービス」と言います。

クラウドサービスご利用の一般的なメリット
● 資産、保守体制を社内で持つ必要がない 。
● いつでも・どこでもサービスが利用できる 。
● 初期導入コストが安価 !
● 安定運用、可用性(availability)が高くなる 。
● 情報漏洩等に対するセキュリティが高くなる 。

これらメリットは当然…「わさび」ご利用で享受いただけます。

●  システム: 「Web 人材評価システム」

 ▶ 合理的かつ効率的な評価実施プロセス

左図は、「わさび」評価実施のプロセスです。
 ※( )内は、評価実施における役割担当です。

① マスター保守(運用管理者)
 ● 入退社・人事異動等の情報を更新します。
 ● 必要に応じ 評価項目体系 の情報を更新します。
② 評価実施設定(運用管理者)
⦿ 過去の設定情報を再利用できます。
 ● 採点期間・評価対象項目と評価対象期間を設定します。
 ● 評価者と被評価者の組合せを設定します。
 ● 評価者に採点依頼メールを発信(自動)します。
③  採点入力 (評価者)
 ● 担当する被評価者の各評価項目を画面で採点します。
④  評価計算 (運用管理者)
 ● 未採点を画面で確認します。
   なければ…
 ● 評価計算処理を実行します。
⦿ 評価計算後…直ぐに今回実施評価結果の閲覧も可能です!
⑤  フィードバック面接 (評価結果利用者)
 ● 今回・過去の評価結果をレーダーチャートで閲覧できます。
 ● 過去の面接記録を閲覧できます。
⑥  評価結果検索 (評価結果利用者)
 ● 複合条件で評価結果を検索し・一覧表示します。
 ● 条件合致データをExcelにダウンロードできます。
⑦ 評価結果分析(評価結果利用者)
 ●  評価結果を可視化し…様々な角度で分析できます。

「わさび」は…一般的な「評価シート」の評価実施と比べて
 ● 以下、「言わずもがな」ですが、
  ▶ 用紙の複写・配布・回収作業は不要です。
  ▶ 労力・コストを削減できます。
  ▶ 評価実施期間を短縮できます。
  ▶ 評価結果は有効活用できます。
 ● 情報セキュリティ
  ▶ 配布・採点・回収時等の情報漏洩リスクはありません。
  ▶ 計算ミスの致命的リスクはありません。
  ▶ システム利用者は、
    事前に受信したeメール記載のパスワードで「わさび」にログインします。
  ▶ 各利用者のログインアカウントには
    システムの利用権限・評価情報の閲覧権限を設定します。

トップに戻る

 ▶ 「わさび」の核心:絶対評価を実現する評価計算方式(特許登録済)

▼ 「わさび」評価項目体系:評価項目と被評価ランク

「わさび」評価項目体系は、
評価項目と被評価ランク のマトリックスで表現できます。

● 評価項目:4階層(大・中・小・細)で構成します。
 ▶ 細項目:採点する項目です。
 評価者の採点より上位階層の評点を自動算出します。
 ▶ 小項目:直下の細項目より評点を算出します。
 ▶ 中項目:直下の小項目より評点を算出します。
 ▶ 大項目:直下の中項目より評点を算出します。
 ※ 各評価項目の評点は、直下階層各項目の評点と
   その項目重みで加重平均して算出した値です。
● 被評価ランク:組織内での役割を分類し設定します。
  被評価ランクは該当する被評価者に割り当てます。
 ※ 「役割」は(職務 X 職位)というイメージです。
   例えば、営業職課長、製造職係長、総務職上級、
   販売職初級、技術職上級管理職…等
⦿ 被評価ランク毎に…以下を設定します。
 ▶ 採点する細項目
  ※ 左表で数値が設定されている細項目です。
    選択された細項目の上位階層項目が評価対象です。
 ▶ 選択された細項目の採点基準:
  ※ 採点基準は被評価ランク毎に設定できます。
    同じ採点項目でも部長と係長では採点の基準が
    異なって当然です。(左表では表現できていません)
 ▶ 評価項目「重み」
   左表各被評価ランク列各階層の項目に対し
   直下各項目に数値で重み付け設定します。
  ※ 例えば、中項目「A1」に対して、
    小項目「A11」=「3」、「A12」=「2」、
    「A13」=「1」の重み付けをしています。
上の…評価項目・被評価ランク、被評価ランク毎の
各設定は全て、ご利用者が自由に決めてていただけます。

▼ ユニークな「わさび式;全加重平均評価計算」

左表は、「わさび式」を説明するためのものです。
実際の計算は、コンピューターの内部処理です。

● ここでは、5段階で採点しています。赤色実線枠
「わさび式」は、多面(360度)評価がベースです。
● 評価者に重み付けが可能です。
  ここでは、阿井係長の自己評価は重み「0.25」
  ・加木課長は「2」・佐志部長には「1」です。
 ※ 一般的な1次/2次評価方式には、
   阿井係長と加木課長は重み「0」
   佐志部長には「1」を設定して対応できます。
 ※ 重み付けしない(平均する)場合は、
   3者とも「1」(同一の値)を設定します。
● 「わさび式」の評点計算はいたって単純!
 ※ 以下、Excel.round関数で表記します。
 ▶ 細項目A112の評点「4.62」=
   round((4*0.25+5*2+4*1)/(0.25+2+1).2)
 ▶ 小項目A11の評点「3.70」=
   round((3*2+4.62*3+2.31*1)/(2+3+1),2)
 ▶ 中項目A1の評点「3.66」=
   round((3.70*3+3.77*2+3.31*1)/(3+2+1),2)
 ▶ 大項目Aの評点「3.63」=
   round((3.66*1+3.62*2)/(1+2),2)
● 必要に応じ「総合評価」を算出できます。
 ▶ 総合評価の評点「3.43」=
   round((3.63*3+3.26*2+3.17*1)/(3+2+1),2)

● 他に類を見ない「わさび式」のアドバンテージ
  評価結果への高い納得度が…人事制度ひいては組織への信頼を増します。
 ▼ 「わさび式」で算出された4階層全評価項目と総合評価の評点は、真の絶対評価です。
  ▶ つまり、被評価者が各評価項目に関し…それぞれの役割(被評価ランク)
    に応じた「要求(期待)水準」(5段階評価の場合は標準「3.00」)を
    満たしているか…あるいは不足しているか…その程度が「一目瞭然」に把握できます。
 ▶ 「わさび式」は、大項目レベルで…連続する評価対象期間を結合して、
   その大項目に属する評価項目の評点を再計算する機能を実装しています。
  ※ ここで細かい説明は割愛しますが、(Q&AのQ-45で詳述)
    この「評価対象期間連結再計算」機能を使うことで、
    評価の目的(大項目)毎に…評価実施の時期(評価対象期間)を自由に設定できます。

☂ 「評価シート」を用い…評価点(採点)を合計する方式では、
 ▼ 事務作業の煩雑さ・計算手間・計算ミスのリスクを減らすため
  ▶ 「評価シート」の種類(「わさび」の被評価ランク)は少なく…
  ▶ 評価項目の階層も少なく…
  ▶ 逆に採点項目には複数の評価要素を混在させる
  ▶ 採点項目の上位項目の評価点は計算しない。
 これでは…真っ当な評価結果を期待するのは無理です。
 曲がりなりにも意味を持つのは…唯一合計点のみです!
 ▼ 更に大変なのは…
  ▶ 「評価シート」の項目追加や配点を変える。
  ▶ 複数種類「評価シート」間の評価項目や配点の整合性を維持する。
 これでは…経営環境や事業方針等の変化に対応できません!

トップに戻る

 ▶ 緻密な採点入力機能…「わさび式」絶対評価を担保

● 評価実施プロセス②の実施設定で…
  指定された各評価者に「採点依頼」eメールが送信(自動)されます。
● 各評価者は、受信したeメール記載のパスワードで
  「わさび」にログインし…採点入力を行います。
 ※ 運用管理者が採点を締め切った後は、このパスワードは無効になります。

▼ 下の画面はデモ環境のものです。※日付の不整合等は無視して下さい。

評価者が採点を担当する被評価者情報の一覧です。
この一覧から採点する被評価者を選択します。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

● 画面左下の「ダウンロード」ボタンを
  クリックし
  入力内容をExcelにダウンロードできます。
● ダウンロードした
  Excelの採点やコメントを変更後、
  「アップロード」することで
  採点やコメントの内容を更新できます。




左が実際の採点入力画面です。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

● 絶対評価を担保する機能
 ▶ 「採点項目表示行」クリックで、
   項目の説明をポップアップ表示できます。
 ▶ 「基準ボタン」クリックで、
   当該項目の採点基準を表示できます。
● その他機能
 ▶ 採点コメント・総評コメントを入力できます。
 ▶ 「対比ボタン」クリックで、
   採点対象の被評価者と同一被評価ランク被評価者
   の既採点情報を表示できます。(画面割愛)
 ▶ 「下位者採点取込みボタン」クリックで、
   他評価者の採点やコメントを取得できます。

● 採点の基本は…採点項目の内容を正しく理解し、採点基準に基づいて採点する。
  そのためにも…事前調整(評価者訓練)は必須です。
  加えて「わさび」では採点入力時
 ▶ 採点項目の説明(定義や事例等)
 ▶ 採点基準をワンクリックで表示・確認できます。
 更に、不適切な採点を防ぎ…評価結果の精度を保つため、
 ▶ Not applicable機能
 ▶ Zero採点機能 があります。
  前者は…採点項目に対し特定の点数を入力不可にできます。
   例えば…「ルールを順守したか?」という項目で、ルールは守って当たり前なので、
   5段階評価の「5」を入力させない等…「為にする」採点を防止します。
  後者は…評価者が被評価者の採点項目に関し成果や行動事実を把握していない場合、
   点数を「0」で入力します。採点「0」の細項目は、加重平均計算の対象から除外します。

● 項目説明と採点基準はご利用者が自由に設定できます。
  なお、採点基準に関しては被評価ランク毎に設定が可能です。
  例えば…「文章力」を採点する場合、課長レベルと新入社員では基準が異なります。
 ▶ 課長には対外文書の作成能力は必要ですが、
 ▶ 新入社員にそれを求めるのは正当な評価ではありません。
⦿ 採点入力画面で採点し・「わさび式」で算出した評価結果は…
  事後調整のしようがありません!
 ※ 仮に、賞与支給額を決定する際に金額調整を行うとしても…
   その調整には、きっちり説明できる「正当な根拠」がなければなりませんし、
   その調整で「わさび」の評価結果が変わるということではありません。

⦿ こういうスタンスで行うフィードバック面接は、
 ▶ 面接者にとっては…被面接者に「きっちりと説明できる」
 ▶ 被面接者にとっては…結果の良し悪しにかかわらず評価に納得でき、
   モチベーションを上げ、次の目標を明確に設定できる…という意義があります。
 少なくとも、
 前ページ(メッセージ)の「人事評価で知りたい項目」?は、ナンセンスということになります。

トップに戻る

 ▶ フィードバック面接機能

「わさび」のフィードバック面接機能は、
 ● 今回および過去評価実施の評価結果をレーダーチャートで閲覧する。
 ● 過去の面接記録を閲覧する。
 ● 今回面接の記録を入力する(画面割愛)…の3部構です。
「わさび」の考え方は、自己評価は必要で…評価結果は自己評価者にも開示すべき…です。
 ※ 面接場所にネット接続のPCがあれば、面談しながら…その場で閲覧が可能です。

▼ 下の画面はデモ環境のものです。

ウェブブラウザに
評価結果をレーダーチャートで表示します。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

「被面接者指定画面」(割愛)
● 以下を指定します。
 ▶ 被面接者
 ▶ 評価実施
 ▶ 評価項目階層
● 抽出した情報を
  レーダーチャートで描画します。
 ▶ 評価実施と被面接者本人情報
 ▼ レーダーチャート
 系列:評価項目
 要素
  ▶ 本人の評価結果データ
  ▶ 全社平均評価データ
  ▶ 部門平均評価データ
  ▶ 役職平均評価データ
  ▶ 被評価ランク平均評価データ





ウェブブラウザに過去の面接記録を表示します。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

上の被面接者指定画面で指定された
過去の評価実施に関する面接記録を表示します。
● 被面接者の過去面接情報
 ▶ 面接実施情報
 ▼ 面接記録内容
  ▶ 面接内容
  ▶ 面接者コメント
  ▶ 被面接者コメント
  ▶ 同席者コメント
  ▶ 改善目標
  ▶ 改善成果



今回評価実施の評価結果は、評価計算完了後…直ちに利用できます。
 ● 面接者は、面接するまでに入念な準備は必要ですが、
   面接用の資料作成等の手間は…ほゞ不要です。
 ● 面接終了後、
   面接関係者はそれぞれの立場で面接内容を「面接記録入力画面」(割愛)で入力します。

前ページ(メッセージ)「フィードバック有無での満足(不満)度」を見るまでもなく…
⦿ 人事評価においてフィードバック面接は最重要です。

「わさび」は…評価結果の情報は(閲覧権限に応じ)「開示すべき」と考えます。
当然、被評価者(被面接者)は、
自身の評価結果や過去の面接記録を確認できなければなりません。
そうすることで、過去を振り返り、次の課題を意識できます。

トップに戻る

 ▶ 強力な評価結果検索機能

評価結果は、利用できなければ…評価する意義は半減します。
「わさび式」加重平均で算出された全評価項目の評点は、
絶対評価の値ですので…何ら加工することなくデータとしての取り扱いが可能です。
⦿ 「わさび」は、強力な検索機能で評価結果を縦横無尽に活用できます。

▼ 下の画面はデモ環境のものです。

各種の検索条件を指定し…合致情報を抽出します。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

● 以下の条件を設定できます。
 ※ 全て複数選択が可能です。
 ▶ 評価実施
 ▶ 評価項目 ※ 評点範囲の指定が可能です。
 ▶ 部門
 ▶ 役職
 ▶ 被評価ランク
● 「検索ボタン」クリックで、
  条件合致の評価結果データを抽出します。

上で抽出された情報を一覧表示します。

◀ 画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

● 一覧表示する項目
 ▶ 評価実施
 ▶ 評価項目
 ▶ 被評価者
 ▶ 評点
 ▶ 部門・役職・被評価ランク
 ▶ 被評価者の年齢・勤続年数
● 「エクスポートボタン」クリックで
  抽出データをExcelにダウンロードできます。

トップに戻る

 ▶ 高度なグラフ化(分析)機能

検索条件指定画面(同上)で抽出した評価結果データを可視化し分析できます。

● 細かい説明は割愛しますが…
 ▶ 描画テンプレート選択サブ画面で…
   抽出データに適したグラフを選択(下の画面サンプル左上)します。
 ▶ グラフ画面は、描画部・パラメーター部・データ一覧部に分かれます。
 ▶ パラメーター部の設定を変えることで…グラフ種類の変更・系列/要素の入替が可能です。
 ▶ データ一覧部の系列行・要素列をクリックすることで、それらを排除して再描画したり
   再度のクリックで排除した系列・要素を復活して再描画したり…が可能です。
   つまり、抽出した評価データの分析目的に応じて…最適のグラフ化を図れるということです。
  ※ 画面サンプル最後(右下)のグラフは、評点ではなく…採点の甘辛傾向の曲線グラフです。

▼ 下の画面はデモ環境のものです。

▼  画像クリックで新しいタブに拡大表示できます。

● 「わさび」ご利用で、問題山積…人事評価の「仕組み」を革新!

⦿ 合理的かつ効率的な評価実施プロセスを実現します。
⦿ 評価結果は納得性の高い「真の絶対評価」です。
ゆえに
⦿ 評価結果を有効に活用できます。
  評価情報は全て…リレーショナル・データベースに保持します。
  強力な検索機能と高度な可視(グラフ)化機能を実装しています。
  更に…評価結果データは…そのまゝ統計分析に適用できます。
⦿ 有効なフィードバック面接が可能です。

「わさび」の導入を…ご検討ください!

トップに戻る